2014年03月21日

 烏山プロジェクト



先週、青木先生が主催していたリファイニングの塾生として関わってきた
烏山プロジェクトの竣工見学に行ってきました。

写真の詳細は公開できないのですが、外観は地味ながらも
間取りや再生内容としては貴重な成果が実現されていてやはり大変勉強になりました。

50年以上前に量産されていた典型的な階段室型の都営住宅を、
新築工事費の7〜8割程度の予算で間取り・構造・設備を今の法律に合わせて
一新させるというプロジェクトでした。

実際にはいろんなパターンが考えられますが、
今回実践された特徴としては、既存階段室の室内化やEVシャフト化を
活用したメゾネット等の多様な住戸タイプと的確な構造補修過程と補強壁の配置に加え、
メンテナンスや更新に配慮した設備壁を新設している点などかもしれません。

既存建物の活用や環境対策の面から考えても、
やはり今後の展開必要性に対しても可能性を秘めていると実感しました。
プロセスは新築以上に複雑で大変だと感じますが、
やはり再生過程にしかできない大きな魅力もあると思います。

posted by Konishi at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2014年03月14日

茨城出張(既存棟の耐震改修工事)


P1090507.JPG

耐震改修の助成手続きは、意外と使えるのに手続きが煩雑だったりして
なかなか活用されていないのが現実ですが、
今回は役所の方へ耐震改修工事助成申請を行っています。
今週が期日となっていてバタバタで心配していましたが、
先日現場確認したところほぼ完了していて少し安心しました。
なんとか今週中には間に合いそう良かったです。。。


P1090485.JPG

それとこの天井の写真は、以前現場調整した後のヨシベニヤの状況です。
軽い感じだったのを格子を規則的に配置しただけでだいぶ印象が変わりました。
照明器具がつくとまた落ち着いた感じになると思います。


posted by Konishi at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2014年03月10日

建築相談会のお知らせ


今週末の建築相談会の予定を改めてお知らせいたします。
住まいのことであれば、どのようなことでもご相談してみて下さい。
おひとり1時間まで無料にて行っております。
ぜひこの機会をご活用下さい!

なお、相談場所がショールーム側の都合により
B1階から1階の方へ変更になりましたので、ご確認の程お願いいたします。

□日時   3月16日(日)10時〜17時(受付16時まで)
□場所   汐留パナソニックリビングショールーム東京 1F/特設コーナー
□予約先  電話:03−6218−0010

アクセス :http://panasonic.co.jp/showroom/tokyo/access/index.html
イベント情報 :http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/event/detail2.jsp?srcd=23

posted by Konishi at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2014年02月17日

茨城出張(調整対応の日々)


2月は毎週現場へ通いつつも、ほぼ毎日現場と調整事項のやりとりをしています。
改修工事は、調整が多い点ではやはり新築以上に大変ですが、少しずつではありますが着実に前進はしています。
今回の現場は、建材不足や職方の調整不足により、屋根工事が大幅に遅れていますが、
ここ最近は雪や地域特有の強風などにより、現場環境はなかなか厳しく、
現場の職方も仮住まい中の建築主にとっても踏ん張りどころです。
私の方は、こんな状況を活かす意味でも、
建築主とも協力して他の部分の調整対応に時間をかけています。

コンセントスイッチの配置や断熱材範囲や各種仕上材のサンプルを取り寄せたり、
色あい選定など日々確認しています。
さらにこの時期は、工事途中での建築主による追加要望や変更も出てくるもので、なかなか大変です。。。
色合いや備品一つの変更により、建築の場合にはその廻りの全体にも影響が出てしまうことが多いためです。


P1090408.JPG

写真はその一事例で、ある部屋天井のヨシベニヤ仕上の状況ですが、
結果としてOKではありませんでした。
図面で指定した仕様が入っていなかったり、図面ではうまく表現できなかった材料の張り方や
雰囲気が建築主の好みにも合わなかったためです。
先週の現場では、ほぼまる一日がその調整対応で終わってしまうほど議論は白熱しました。
最終的には、問題点を明確にして、なおかつ職方のモチベーションも活かせる
方針に導くことができたと思っています。
最初は遠慮がちに話していた建築主も、本来の希望が引き出せた時はこちらもうれしくなりました。
工事結果やいかに…
posted by Konishi at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2014年02月03日

建築相談会のお知らせ


次回建築相談会の日時が確定いたしましたので、改めてお知らせいたします。
住まいのことであれば、おひとり1時間まで無料にて行っております。
ぜひこの機会を気軽にご活用下さい!

なお、相談場所がショールーム側の都合により
B1階から1階の方へ変更になりましたので、ご確認の程お願いいたします。

□日時   3月16日(日)10時〜17時(受付16時まで)
□場所   汐留パナソニックリビングショールーム東京 1F/特設コーナー
□予約先  電話:03−6218−0010

アクセス :http://panasonic.co.jp/showroom/tokyo/access/index.html
イベント情報 :http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/event/detail2.jsp?srcd=23

posted by Konishi at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2014年02月01日

古民家の継承


地元の調布にもかろうじてまだ少しだけ茅葺の民家が残っています。
野川沿いにも一軒ありますが、やはりそのたたずまいは美しいです。
写真は、民家とは少し違いますが、深大寺の本堂の隣にある庫裏です。

P1090336.JPG


神社やお寺の建物は、子どもの頃からいつものように遊んでいた場所であるからか
不思議と魅かれるものがありましたが、今はむしろもっと身近にあったはずの
古民家のたたずまいに感心が移っています。その中でも一番の関心は構造部分です。

身近にあったはず…というのは、子どもの頃を思い出すと近所友人の民家の風景など意外と
覚えているのですが、今はなくなっていて、むしろ自分でさえ忘れつつあった…という意味です。
それほどまでに、いわゆる伝統構法で造られた古民家と呼べるものが
どんどん街から消えてしまっているのが現実です。

一方で今残っているものは、それこそいろんな意味で大変貴重で
構造的にも優れていても、それでさえ利用されずに解体されていくことが
何とも悲しいのですが、裏を返せば、そこにはいろんな現実的な事情があるのだと思います。

設計に携わっている立場として、その原因をまずは冷静に受けとめつつも
今の在来構法だけではなく伝統構法の多角的な検証をしていく必要があると考えています。

法整備が整っていないこともあり、木造の場合まだまだ感覚こそ大事だと
言える部分は確かにありますが、誰もがふれずに目をつむってきた部分にこそ
客観的に検証していく姿勢は生涯追及していきたいと思っています。

posted by Konishi at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2014年01月30日

茨城出張(調整事項の打合せ)


既存の母屋部分の解体が進むにつれて
図面上で想定しきれなかった部分がけっこう出てきています。
また、建築主からも新たな要望がでてきたり、
細かい未決定部分の調整事項もあって今回は
泊まり込みで打合せに終始した感じです。
その甲斐あって、少しずつですが前に進んでいます。
大変な面ももちろんありますが、やはり直接打合せしていくと、
電話やデスクワークでは見えてこない、いろんなことが見えてきます。

P1090354.JPG

一方で朝の散歩もやりました!
東京よりも少し寒さも厳しく早い日の出を実感できました。
いろんな発見もあって、やはり気持ち良かったです。

P1090348.JPG

P1090350.JPG

posted by Konishi at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2014年01月15日

茨城出張(増築棟金物チェック・既存部の一部解体)


今年は新年早々に挨拶も兼ねて茨城の現場へも行ってきました。
また一方で建築主より昨年末に追加工事の相談も入り、
急いで打合せする必要もありと…今年も結構慌ただしい幕開けとなりました。

現場では、増築棟の2回目の金物チェックと、既存棟の天井解体状況を確認してきました。


P1090305.JPG

写真は増築棟の床下通気部分に取り付ける防虫網の設置状況です。


P1090318.JPG

一方でこちらは、既存棟の小屋組の一部ですが、
今後は新たに耐力壁が追加されるために、梁や柱、土台も設置することになります。
課題は想像していたとおりで、既存棟と増築棟の接合部でまだまだ大変な作業が続きそうです。

最近はほぼ毎日のように現場からの何らかの確認事項が入ってきている感じです。
今年も出来る限り現場へ足を運んで確認したいと思っています!
posted by Konishi at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年12月29日

茨城出張(配筋検査と金物検査)


P1090210.JPG

今週、今年最後の監理業務を行ってきました。
今回は既存棟内に新たに水回りや耐力壁をつくることから、
基礎を増設補強しているのですが、そのスラブ配筋を確認してきました。
また増築棟側のホールダウン金物や筋かいプレート等を確認しました。

構造的にも重要な部分の施工の食い違いや調整事項もあって、限られた時間の中では
全体を確認することができませんでしたが、大事なところは大工さんの協力もあって
無事に現場にて調整することができました。
大工さんの「大丈夫なんとかなる!」の一言はほんと心強かったです。

またその他、金物仕様や取り付け位置、さらに細かい部分だと
ビスの本数が少なかったり多かったり…等々、見るところはけっこうたくさんありました。
今は金物のバリエーションがたくさんあるため、ビスの種類や本数も含めて
注意しておく必要があります。

posted by Konishi at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年12月28日

新年の建築相談会


いよいよ2013年もあとわずかですね。
今年も山あり谷ありの毎日でしたが、
いろんな方に支えられたおかげでなんとかここまでこれました。
有難うございました。
来年もよろしくお願いいたします!

さて、次回建築相談会のお知らせです。
今年は、新年最初の建築相談会でもあり、まさに仕事始めの業務となりそうです。
住まいのことであれば、おひとり1時間まで無料にて行っております。
気持ちを新たにお待ちしておりますので、この機会にぜひご利用ください!

なお、相談場所がショールーム側の都合により
B1階から1階の方へ変更になりましたので、ご確認の程お願いいたします。


□日時   1月4日(土)10時〜17時(受付16時まで)
□場所   汐留パナソニックリビングショールーム東京 1F/特設コーナー
□予約先  電話:03−6218−0010

アクセス :http://panasonic.co.jp/showroom/tokyo/access/index.html
イベント情報 :http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/event/detail2.jsp?srcd=23

posted by Konishi at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年12月19日

茨城出張(建て方の立会い)


P1090170.JPG

P1090175.JPG

この前の日曜日は日がいいということもあって、茨城の現場の建て方を行いました。
ちょっと寒さも厳しく風が強かったのですが、快晴の青空でした!
写真は最後の棟部材を取り付けるところです。



P1090177.JPGます

既存の母屋より低く控えめに…という計画でもあり、
正式な上棟式は行わずお清めと滞りなく安全に工事が進んでいくことを祈願してきました。
それから、まさに要となる大工さんも労いながら顔合わせをすることができました。



P1090172.JPG

口下手な方が多いのですが、やはり現場の大工さんはかっこいいですね。
自分は設計者であっても、実際につくることはできません。
そんな意味で時にもどかしく一緒にやりたくなってしまうのですが…、
職人さんと共有する時間は、常にリアルに自分の立ち位置を確認できる貴重な機会でもあります。
誇りをもっている職人さんが大好きだし、
どうしたら素晴らしい技術が活かせるのか?そんなことももっと考えていきたいです。
今回はどんな作業が共有できるのか楽しみです。

posted by Konishi at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年12月12日

■茨城出張(続・配筋検査)


この前の配筋検査は、完全な増築棟の部分でしたが、
今週は、既存棟(母屋)と直につながる部分の基礎スラブの配筋検査です。
いよいよ既存棟の方にも工事は進行しています。

既存棟の工事は、当然ながら既存の基礎や躯体とも常に緩衝することになるので、
部分的に解体しながらかなり慎重に進められています。
今回は、今までの一般的な点検事項以外にも既存の基礎と増設する基礎をしっかり一体化
させることもポイントとなっていました。いろんな工夫がありますが、
事前に調査した結果では既存の基礎状況がしっかりしていたので、
細かく後打ちのアンカーを施工すること必須対策としていたのですが、
現場はまずまずしっかり施工できていました。


P1090112-1.JPG

しかし既存棟は、まだまだ基礎の増設箇所や躯体の取り合いがあるので、
まだまだ気が抜けません!

posted by Konishi at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年11月28日

茨城の現場(プレカット図のチェック)


木造の場合には、柱や梁などの構造部材を手刻みで加工したりプレカット工場で、
加工してから現場で組み立てますが、今の主流はプレカットです。
その加工の前に施工側で作成するのが、プレカット図です。
プレカット図は、施工者が承認して加工を発注しますが、
設計監理者が入る場合には、施工担当者が確認した図面をさらにチェックすることになります。
少なからず図面と異なっている箇所も多々出てくることが多いので、
監理する場合には当然必須の作業です。


P1090034.JPG

今回の茨城の現場では、既存母屋との取り合いや丸太材などもあるため
手刻みとプレカットの両方をとりいれることになりそうです。
今回はプレカット図のチェックバックにより3回の修正で承認となりました。
内容は様々ですが、チェックの回数としてだいたい一般的なところです。

プレカット図でチェックしていても、現場での微調整はあるものですが、
現場での大きな変更修正は行いたくないので、監理者としても安心感が違います。

この作業が終わるとほんとに上棟が楽しみになってきます!


posted by Konishi at 15:29| Comment(311) | TrackBack(0) | 仕事

2013年11月26日

年末調整

こないだ
うちの社長と初めて、年末調整の説明会に行ってきました。

年末が近づくと、会社にとっては決算報告と共に大きなイベントですよね。
会社を運営すると、必ず関わるもののようです。
おかげで、毎年バタバタしてます。


今回の説明会で、年末調整を完璧に覚えて帰ろうという意気込みはあったのですが、
2時間半の説明会でビデオ上映も長く、ウトウト…
少し寝ちゃいました(=_=)  が、大まかな流れは理解できたかなぁ。。。


今までは、お母さんに任せきりだったので、今回から私も関わっていきたいと思っています。

出来るかなぁ?? ん〜心配(*_*;

ANKO
posted by Konishi at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年11月23日

仕事へのリズムを生み出すスイッチ



友人知人からは、自営の場合はどうやって仕事へ切り替えているの?とよく聞かれます。
決まって答えるのは、現時点では明確な切り替えはないかも…というようなこと。
区切りがないというよりも、共働きのため子どものことや家事手伝いなども含めて
その場で臨機応変に判断していく感じだからです。

もちろんリスクもありますが、それができるのも自営の特権かもしれないと思っています。
会社勤めの人に比べれば、子どもと一緒に食事をしている時間等は間違いなく確保できていると思うし、
時には途中で入る仕事以外の時間こそが、実際に頭の小休止として
仕事への集中を高めている時もあると思います。

しかし、時にはそれが見事に崩れるのですが…(笑)
いづれにしても今しかない貴重な時間に立ち合っているんだと感じています。

そうは言っても最近も、他社の設計協力業務などもあって
締切対応などでどうにも時間が足りなくて、ひたすら図面作成に費やす日々も続いています。
そのため、残念ながら週末に予定していた内田青蔵さんの講演会や
木暮人映画祭 http://www.kogurebitoclub.com/ などイベント参加の断念も多々出てきてしまいます。。。。
そんな時こそ仕事だけの一日にせざるをえなくて、家族の協力も必要です。
そのおかげでなんとかなっているんだと思います。

設計作業自体は苦ではなくて、ひたすら延々とできてしまう部分もある一方で、
過度な設計作業の連続は、私にとっては頭も身体も柔軟性がなくなってしまい、
時折気持ちにも心の余裕というか楽しむ感覚を失わせます。

そんな中でも、ほぼ毎日続けている朝の「トイレ掃除」と「さんぽ」があります。
もしかしたら、それこそ仕事へのリズムを生み出すスイッチと言えるのかもしれません。
同じ繰り返し作業は、自分の体調や家のことや仕事のことなどを整えるだけでなく
不思議といろんな発見や変化に気付かせてくれているように感じています。


P1080982.JPG

そういう意味では、今の私にとっては家のことや趣味や生活の時間も程よくブレンドされた24時間こそ
まさに理想の仕事の時間なのかもしれません!


posted by Konishi at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年11月12日

千駄ヶ谷緑苑ハウス/解体現場見学会


P1080948.JPG

青木工房が主催していた本日の見学会の様子です。
今回の見学した現場は、青木茂さんが進めている
リファイニング工事の手法を取り入れて、築43年程の現在の賃貸マンションを
分譲マンションに変える計画です。

今回は幸いにも既存建物の検査済証が確認できたことなども手伝って、
確認申請が必要とならない工事内容となっていたようですが、
審査機関の耐震判定書や耐用年数推定調査などを利用して
現行法への適用や融資条件もクリアして性能を担保しています。
そんな意味で通常の改修工事とは異なり、徹底した調査に基づいていて、
構造はもちろん設備・意匠の三位一体で更新再生させるのが狙いの一つとなっています。

言うのは簡単ですが、大変なことであって
そのあたりをわかりやすく公開しながら取り組んでいる姿勢に大変共感するものがあります。

現場は既存の仕上げや下地を全て解体した状況で、
当然ながら全て躯体がむき出しになっています。



P1080949.JPG

P1080955.JPG

P1080957.JPG

写真は、階層により工程の順序がわかるようになっていて
耐震壁の打設前〜打設後〜グラウト充填後という感じです。
またインテリア内装は別の事務所になりますが、
北側の新宿御苑をうまく取り込む計画がうまく活かされているのを体感できました。


P1080970.JPG

posted by Konishi at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年11月11日

11/10建築相談会のご報告


昨日の建築相談会ですが、
多くの方にご参加いただきましてありがとうございました。

やはり毎回感じるのですが、どれも全て微妙に異なっている問題で
どれ一つとっても全くの同じ内容はないのですが、同じような傾向は間違いなくあって
業界が抱えるひずみというか現実の問題点が浮かび上がってくることも多々あります。

そういう意味で私にとっても、
設計者の役割はまだまだたくさんあると痛感できる貴重な機会だと考えています。

私にとっても建築主が抱える現実の視点は大切ですし、
きっと参加者にとってもちょっと視点を変えたり頭の中を整理する機会を共有することによって
解決への道筋や可能性を少なからず広げていくことができると思っていますので、
より多くの人に活用していただきたいです。
正式な相談会に関わらず、サイトなどを通じてのご相談等も大歓迎です。

すまいに関する駆け込みで寺として、ぜひご活用下さい!

posted by Konishi at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年11月02日

11/10(日)建築相談会のお知らせ

P1080880.JPG

朝晩はだいぶ肌寒くなってきましたね。
写真は、今週の朝さんぽの時に野川にいたサギさん、カモさんです。



さて、少し空いていましたが、次回建築相談会のお知らせです。
住まいのことであれば、おひとり1時間まで無料にて行っておりますので、
この機会にぜひご利用ください!

■日時   11月10日(日)10時〜17時(受付16時まで)
■場所   汐留パナソニックリビングショールーム東京 B1F/特設コーナー
■予約先  電話:03−6218−0010

アクセス :http://panasonic.co.jp/showroom/tokyo/access/index.html
イベント情報 :http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/event/detail2.jsp?srcd=23


posted by Konishi at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年10月31日

茨城出張(基礎アンカー設置確認)


前回は主に基礎の床部分の検査でしたが、
今週は基礎の床から立ち上がっている部分の型枠やアンカーの設置状況を確認してきました。


P1080890.JPG

コンクリートを打設するためには、鉄筋やアンカーを組むだけではなく
コンクリートを受けとめる型をつくらなくてはいけません。
その型を型枠といっているのですが、主に合板や写真のような鋼製の型枠を使います。
今回はベースや既存部の取り合いには合板を使ってもらいましたが、
立ち上がりのほとんどは鋼製型枠となりました。
留め方や材質などが異なるので型枠の種類に応じて注意も必要です。

今回は、結果として前回以上に指摘事項が出てしまったのですが、
現場監督の理解と柔軟な機転により調整対応いただくことができました。
コンクリート打設が1日延期となりましたが、品質確保のためです。

きっといい基礎が出来上がると思います。

posted by Konishi at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年10月24日

茨城出張(基礎配筋検査)


10月はイベントや地域の行事も多いだけではなく
今年は台風の影響もあってなかなか調整大変でしたが、
合間をぬって今週はじめに茨城の改修現場へ行ってきました。

木造の基礎は、法令であまり細かく規定されていない部分もあってか
低層の木造住宅では意外と軽んじられやすい部分です。
しかし実際には、地盤状況や建物計画に応じて
慎重に基礎の設計方針を検討しておく必要があります。

今回はその基礎の部分ですが、コンクリートを打設する前の配筋検査です。
設計図書の方針どおりに施工されているかを確認するのが主ですが、
現場状況により、方針どおりできていないこともあることから
その時にはその場での早急な調整対応が必要となります。
監理というのはまさにそのようなことの連続ともいえます。
また実際には事前に現場側への確認など検査前から業務は始まっているといえますし、
配筋だけでなく、その関連工事の確認も必要となります。

毎回違った現場監督や職人がやることでもあるので仕方がないのですが、
会社により協力対応も異なるだけでなく、時間も限られていることがほとんどなので、
なかなか完璧にできているという現場にはなかなか出会えないものだと感じています。

P1080839.JPG

今回は、補強筋の不足箇所、かぶり不足などがありました。
しかし、その場でしっかり対応いただきました。
posted by Konishi at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事