2013年10月11日

茨城出張(契約立合い!)



見積調整に四苦八苦してきた計画も
本日、建築主と施工会社の工事請負契約が行われる予定です。
私も本日立ち合うことになっています。
3ヶ月近くかかったことになりますが、
建築主と施工会社の協力のおかげでなんとかここまできた感じです。

とはいえ、さらに大変であり楽しみでもある工事期間がこれから始まります!
気持ちをひきしめて設計監理業務(呼び方同じでも字が違う施工の管理とは全く違うんものなんですよ!)
に取り組んでいきたいと思います。

それでは行ってきます!!

posted by Konishi at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月10日

朝さんぽ


ここ3年程は毎朝散歩をしているのですが
最近は秋風がさわやかでとても気持ち良いいですね。
いろんなルートがあるのですが、
今日は深大寺界隈ルートでした。

P1080722.JPG

当然ながら先日のよりみちさんぽの時は雨だった
公園もまた違った表情をみせています。



P1080720.JPG

この丘の下に体育館があるんです。
散歩している人が結構いました。

では今日も頑張っていきましょう〜
posted by Konishi at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月28日

茨城出張(地盤改良の立会い)


P1080669.JPG


本日も朝からの茨城出張となりました。
今回は快適な高速バス。
何かと出張はついつい時間がとられてしまい大変な面もありますが、
なぜか出張で現場を見る時は、いつもワクワクしてしまいます。
たぶん唯一の現場でみんなで作り上げていく過程が好きなのかもしれません。

今回は、工務店にとっては契約前の別途工事ということで、
工務店の替わりに設計監理者である私がメインで改良工事の立会いしてきました。

改良工事会社の方は、朝7時くらいから
待機準備していて、予定どおり8時頃からスタートしたようです。
今回は現地の敷地や地盤調査結果、施工性、コストなどの
視点から判断して柱状改良を選択。
現場の土とセメントペーストを混ぜ合わせて柱杭状に基礎の下を改良する工法です。
増築部分と既存部分をつなげる平面計画なのですが、
地震に対する揺れ方はそれぞれ異なるので構造上は工夫して縁を切り
増築棟にだけ改良工事を取り入れました。

P1080672.JPG

P1080676.JPG


現場要因は3人で、各自が適宜食事をしながら
暑い日差しの中でノンストップで作業は進められていました。
懸念していた既設配管との緩衝もなく無事終了したのは夕方5時頃。
見てると単純な作業工程の繰り返しでも、重労働でなかなか大変な仕事だと思います。

みなさま本当にお疲れ様でした!


posted by Konishi at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月25日

茨城出張(地縄&見積打合せ)



本日は朝から茨城へ出張の一日でした。
荷物や役所対応を考慮して車で行ったのですが、
今回は都内がかなり渋滞していて4時間程かかってしまいました。。。

しかし、なんとか午前中には到着し、
施工者の方とも遣り方状況を確認することができました。
遣り方とは、柱や壁の中心を地面に示し、高さの基準を確認したりする工程です。
建物がちゃんと図面のように納まるかを確認したり、
設計地盤面を現場にて再確認してきました。

P1080661.JPG

とはいえ午後は、建築主・設計者・施工者の3者で見積の打合せ。
まだ金額まとまっていないのですが、ようやく先が見えてきたのでもう少しという感じです。
それでも遣り方を先行しているのは、地盤改良を別途前倒しで行うためです。
施工者にも協力いただいたおかげで、今週末なんとか改良工事間に合いそうです。
何かと調整も大変ですが、仮住まいの状況も踏まえると工事前の踏ん張りどころ。
できるだけ急いでまとめられるよう頑張ります!


posted by Konishi at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月20日

お彼岸

今日が彼岸の入り

昨日、今日と知り合いの方からおはぎが届きました。あんこだぁ!嬉しぃ!

まずはお祖父ちゃんに…

夜にでもいただきます。

P1030370.JPG

P1030383.JPG

ANKO
posted by Konishi at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月16日

子守担当の一日



今日は、仕事も多少やりたかったのですが、
保育園も休みでかみさんも仕事が入っていたため、
私が子守をする日だったので当初から一緒に楽しもうと思っていました。


がしかし…、なかなか予定どおりにはいきませんでした。
昨年度の運営スタッフとして協力していた民家の学校ですが、
今年度の民家の学校宿泊講座の帰りの日程と
台風のルートがちょうど重なっていることに気づいてから
今朝はその連絡のやりとりが発端でちょっと落ち着かない一日となりました。


それが子供にも伝わってか、ますます落ち着かないことに…


でも子供は台風でも元気一杯で、
逆に不思議と子供たちに合わせることで、落ち着くことができるように感じました。
そして、今日の夕方には講座の状況も確認できてホッとひと安心!
ニュースを見る限りは、今回の台風の影響もはかりしれないものでした。


だけど台風の通過したあとは、
日差しが差し込み、なんとも心地よい風に変わっていました。


まだまだ蒸し暑い日がありますが、
風はもう明らかに秋の気配がただよっていますね。



posted by Konishi at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月15日

茨城への出張

P1080609.JPG


台風18号が近づいている中、今日は強硬スケジュールで
早朝から茨城へ出張を入れました。
午前中にクライアント家族と打合せするためです。
ちょっと駆け足となってしまったのですが、高速バスで向かいました。
遠方でやりとりする時は、電話だけではなかなか伝えきれないものが多いため、
肝心な部分はやっぱり直接説明にいくのがやはり一番ですね。


その後、昼食をごちそうになりました。
いつもながら、お米も新鮮な野菜も本当においしくて出張の楽しみの一つになってします。。。
ほんとうに有難いです。


一方で午後は大船のK邸を訪問する予定でしたが…
残念ながら今回は台風の影響により東京に到着した時点で急遽延期に。。。
帰り際には晴れ間も見えていたのですが‥

P1080614.JPG


またの機会こそ楽しみにしたいと思います。
posted by Konishi at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月30日

無事に竣工引渡し


見学会でもお世話になった戸田市T邸の現場が
昨日、無事に竣工引渡しを迎えることができました。
引渡しは、設備の取扱い説明や報告書類などの事務的なことの他、
実際に建物の鍵を施工会社側から建主さんの方へお渡しする大切な区切りとなります。

残工事が少し残っていますが、
当然ながら、今後は建主さんがいらっしゃる都合に合わせての工事対応になります。
実際に引き渡し直後から、建主さんの荷物が移ってきています。

この時に一番うれしいのは、ご家族皆様から
ねぎらいのお言葉をいただいた時です。
だからこそ頑張れるのかもしれません。
これからの方が大切ですが、まずはひと段落です。今回も有難うございました!

posted by Konishi at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月25日

調布市花火大会



今日の汐留でも建築相談会にも、たくさんの方に来ていただきました。
中には、「今日は本当に来て良かった!」
と大喜びの方もいて、私の方こそ相談会にやりがいを感じた瞬間でした。
本当にありがとうございました。


相談会の後、間に合えば家族や友人家族と調布の花火大会に合流する予定でした。
しかし…、案の定遅れてしまい、しかも会場附近は近づけず、かみさんの携帯もつながらずで
とうとう合流できませんでした。
ちょっと悔しいので一人ビールを買って、人混みから外れた住宅街を彷徨っていたら、
たまたま一面開けた畑に近所の方らしき家族が集まっていたので、
傍で一緒に花火鑑賞させてもらいました。
ちょっと寂しいものの…、やはり夏の花火ってなんだかいいですね。

ついでに写真を撮ってみたのですが、全てがブレブレ。
でも家でブレブレ写真を見ていたら、意外とこれもいいなぁと思えたのでUPしてみます。
一方でうちの子供たちや、かみさんたちはかなり近くで鑑賞できたようで大満足の様子でした。


P1080489.JPG
P1080492.JPG
P1080495.JPG
P1080505.JPG
P1080510.JPG


P1080532.JPG
posted by Konishi at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月22日

完了検査


P1080476.JPG


本日、戸田市のT邸新築工事現場の完了検査の立会いをしてきました。
結果は、特に指摘事項はナシで最短での認可となりそうです!

一方で、設計監理者である私自身による設計検査も行ってきたのですが、
こちらは案の定いくつか指摘事項を追加してきました。
なんとか月末の引渡しには、間に合わせたいです。

週末のオープンハウスにも特に大きな影響はなさそうで一安心。
posted by Konishi at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月20日

嬉しい贈り物。

こないだ、イラストレーターのアッコさんhttp://www.akkobaum.com/
からTシャツが届きました。

P1030294.JPG

アッコさんがデザインしたTシャツです。
かわい〜(^^♪
福島の復興支援で作ったものだそうです。
南相馬の保育園へ義援金となるそうです。

まだまだ暑い夏、子供達と一緒にいっぱい着たいと思います。

ANKO
posted by Konishi at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月17日

東京駅を満喫。


今まで実家に帰るのに東京駅を必ず利用してましたが、丸の内駅舎をまじまじと見たのは
初めて。外国人に紛れてカメラをカシャ!!
ずっと見たかった国の重要文化財。
5年にもわたり、保存・復原工事が進められていたそうです。

1914年に建てられ100年。ドームの赤レンガ造りが蘇り
歴史と風格を感じることができ、まさに感動でした。

P1030241.JPG 

P1030242.JPG



目的は、もう1つ。KITTE、丸ビル、新丸ビル、oazoでショッピング。

   P1030247.JPG

締めはやっぱりあんこ。黒胡麻パフェ(^^♪ 
マダムな1日を過ごせました。                ANKO
posted by Konishi at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月09日

ドロシー・ロー・ノルト

最近、ある詩に出会いました。

それはドロシー・ロー・ノルトというアメリカの家庭教育学者のつくった「子ども」という詩で、
スウェーデンの中学校の社会科の教科書に収録されています。


批判ばかりされた子供は、避難することをおぼえる
殴られて大きくなった子どもは、力を頼ることをおぼえる
笑いものにされた子どもは、物を言わずにいることをおぼえる
皮肉にさらされた子どもは、鈍い良心の持ち主となる
しかし激励を受けた子どもは、自信をおぼえる
寛容に出会った子どもは忍耐をおぼえる
賞賛を受けた子どもは、評価することをおぼえる
フェアプレーを経験した子どもは、公正をおぼえる
友情を知る子どもは親切をおぼえる
かわいがれ、抱きしめられた子どもは、世界中の愛情を感じ取ることをおぼえる



子どもを持ってつくづく感じますが、この詩は人と人との結びつきの大切さ、人を愛することの大切さ、
人への思いやりなど、子どもの成長過程でとても大切な要素を見事に表現していると思います。
非常にこの詩には、私は感銘を受けました。

ANKO
posted by Konishi at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月28日

秋田再訪

4月に父が亡くなったこともあって、初夏の時期に父の故郷である
秋田の親類関係を訪ねてきました。
いつもながら独特の風土と人間関係を感じることができます。

P1060973.JPG

今回も観光としては少しの時間しか滞在できなかったのですが、
鶴の湯温泉や田沢湖、角館の方まで足をのばすことができました。
中でも乳頭温泉郷でも一番古い温泉ということもあり、
周囲の温泉郷よりも鄙びた感じで、ひときわ風情のあるところでした。
http://www.tsurunoyu.com/


P1060991.JPG

P1060976.JPG

P1060978.JPG

新しく増築整備されている印象でしたが、
つくりは周囲に配慮されていて、秘湯の雰囲気を残していました。
今回は清掃日で温泉に入ることさえできなかったのですが‥
今度こそ宿泊してみたい場所の一つです。



P1060996.JPG

P1070005.JPG

温泉場の本陣裏の高台には、鶴の湯神社がこじんまりと佇んでいたのですが、
17世紀に作られた薬師如来などがまつられていることから、少なくとも
宿がスタートした頃にはできていたのかもしれませんが、
何度か改築はされているようでした。
他に周囲の散策ルートもすばらしいとか。。。



父の存在については、いろいろありすぎて簡単にはまとめきれないのですが、
良くも悪くも父の影響ははかりしれません。
ともかく「今までありがとう!」という気持ちにつきますね。
その気持ちを大事にして、自分がやりたいこと、自分にしかできないようなこと
に向かって自分なりに意志を貫いていきたいです!
posted by Konishi at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月16日

ホームページ更新のお知らせ!

22.JPG

なかなか手をつけられないでいましたが、
久しぶりにホームページの方を更新することができました。
作品とお客様へのインタビューをそれぞれ2つずつ追加しました。
またNEWSの方も追加しましたので、どうぞご覧ください。

http://www.k-arch.jp/images/interview.html

posted by Konishi at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月06日

今年の初詣

謹賀新年2012

今年は、地元の琥珀神社と深大寺へ初詣に行ってきました。
ランチには、深大寺の松葉茶屋へはじめて立ち寄りました。
お店はバタバタな感じでしたが、お蕎麦はなかなかよかったです。
それと、梅月という和菓子屋さんの甘酒とおしるこもおいしくて大満足でした!

昨年はいろんな意味で大変な一年でしたが、今年はどんな一年になるんでしょう。
みなさんにとって可能性の感じられる、希望のもてる一年になりますように!

今年は、昨年以上に自分を磨きもっともっと自分を表現できるようになりたいです。
本年もよろしくお願いいたします。


P1060173.JPG
posted by Konishi at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月09日

クリスマスケーキ

早いもので、今年もすっかり残すところあと3週間ほど…(汗)
年末のクリスマスに向けてお知らせなのですが、かみさんは、調布市の森のギャラリーカフェというところで
お菓子担当として頑張っていて、クリスマスケーキとしてフランスで一般的なブッシュドノエルをつくっているようです。
(写真のケーキも全てつくったとか。)
私はまだ味見したことはありませんが、手作りの期間限定品のようなので、
今年のケーキで迷っている方などは、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。


ブッシュドノエル.JPG
posted by Konishi at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月04日

送電線の国有化

仕事や日常の生活に追われていると、
ブログもなかなか更新できずもどかしい気持ちになります。
日常は目的をもって自分で行動し情報を得ることで
実は刺激的な出来事がいろんな場所で起こっているのだと実感できます。

自分の中でも毎日の子供の変化やら春に三重県熊野で出会った風景やJMRAの民家の学校のことや
その他のNPO活動の状況などなど…仕事意外にも伝えたいことは日々盛りだくさんです。
少しずつにはなるかもしれませんが、伝えることも徐々にレベルアップしていきたいと思っています。しかし普通の人にとっては、まずは現実の正確な情報を知ることが大事であって
それは簡単なようで意外と難しいのが現実です。
今回は、電力会社の仕組みについて田中優のメルマガからの抜粋をご紹介します。

ちなみに自分は、本来国有化がいいかどうかは正直よくわかりません。
しかし、国が東電を支援せざるを得ない現状では、支援するかわりに一時的にまずは
国が送電線を担保に取り上げてみんなで使えるような方向へ進むのが望ましいと思っています。
また電気事業法や電気料金の仕組みを考え直す上でも、私たちにとって重大なできっかけであり、
一つの大きな分岐点なんだと思います。





□◆ 田中 優 より ◇■□■□◆◇◆◇■□■□


シュールリアリズム
http://tanakayu.blogspot.com/2011/06/blog-post_8051.html

 友人の住んでいる町で、静かに東日本大震災の被災者受入れを行
っていた。その被災者の中に、さらにひっそりと福島原発震災被災
者が暮らしている。何ひとつ悪いことをしていないのに、突然自分
の町に住めなくなった。これまで長年手入れしてきた農地は汚染さ
れ、二度と耕すこともない。懐かしい風景は無理やり思い出にされ
てしまった。親しい友人・知人たちとも離れ離れになり、気心の知
れた仲間と話すこともない。
 
 知らない土地に来て収入もなく、自動車も処分しなければならな
かった。梅雨の合間の暑さに耐えかねて、歩いて市役所に行った。
扇風機が欲しかったからだ。しかし市役所の用意した支援メニュー
の中に扇風機はなかった。だから再び長い距離を何も得られずに歩
いて帰るしかなかった。子どもと向き合うだけの毎日はつらい。誰
か大人と話したい。彼女は何ひとつ悪いことをしたわけではないの
にそんな暮らしを強いられている。

 一方、加害者である東京電力の清水社長は指揮能力すらないまま
退職する。推定5億円の退職金を得る。退職金や企業年金の減額の
可能性も、「老後の生活に直結する」からと否定した。枝野官房長
官は「東電の置かれている社会的状況をあまり理解されていないと
改めて感じた」そうだ。

 電力会社の適正報酬の仕組みでは、この退職金もまた人件費の一
部として、3%上乗せされて人々の電気料金から徴収される。清水
社長は経済産業相に窮状を訴える要望書を提出することだけは忘れ
なかった。コスト上昇約7千億円、値上げ率は16%、さらに賠償
額の一部負担でさらに4%の値上げする。電気事業法の規定に基づ
くと、「適正なコスト」と認めざるを得ないそうだ。私たち家庭の
電気料金は20%も値上げされる予定だ。

 扇風機ひとつ手に入れられない被害者と、5億円を老後の生活に
蓄える加害者。加害企業の職員にはボーナスが出るのに、被害者は
ろくに賠償すら得られない。しかも被曝の不安に怯えながら。これ
が2011年6月の現実だ。



□◆ 送電線の国有化を願う!1000万人の短冊署名 □


署名締め切りは7月4日!7月7日に提出
http://maketheheaven.com/japandream/

▽田中優は、世話人のひとりです。

未来バンク事業組合理事長、非営利組織「ap bank」監事
田中優
http://maketheheaven.com/japandream/?page_id=21

電力帝国から自由なアクセスへ

 道路や河川、海などに、人々は自由にアクセスできる。私有物
にされたら、人々は自由に動くことができなくなる。
 送電線も同じだ。電力会社の私有物になっているから不公平な
購入価格が正当化され、人々の生みだす自然エネルギーは著しく
不利な購入価格にされている。
 電話線へのアクセスが自由化されることで通話料金が著しく安
くなったように、送電線もまたアクセス自由になるべきだ。
 私有化は権力を生みだし、シビリアンコントロールが効かずに
原子力発電所の事故をも生みだしていた。事故隠しや地震による
柏崎刈羽原発の破壊など、すでに起きていたのに。
 私たちは二度とこのような事態を生まないために、送電線のコ
モンズ化を求める。
 公共財として自由にアクセスが許されるものにするのだ。私た
ちの未来を、私たちのものにして取り戻すために。

posted by Konishi at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月09日

統一地方選挙

明日は、都知事選ですね。
今回もすごく大切な時で、そのわりには吟味する時間もなく少し残念ですが…
もちろん投票にはしっかり行ってこようと思います。
坂本龍一さんとかが賛同人として立ち上げた会で
「候補者のエネルギー政策を知りたい有権者の会」 http://energy-policy.net/
というのもありました。
エネルギー政策は、企業や経済界だけの問題ではなく
住民一人ひとりの生活に密接にかかわることなので貴重な情報だと思います。
posted by Konishi at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月07日

声の力

最近は、東京の方でも桜が満開になってきたこともありますし、
ご無沙汰していた上の子の写真を少し載せて一息つきたいと思います。
お昼に大好きなごまのジャムをパンに塗って食べているときの状況です。子供は元気です。

落ち着きやぬくもりを感じるためには、職業がら光や素材もしくは空間そのものが大切だと
思っていたのですが、最近はむしろもっと大事なことがあるように思えてきました。
それは人が話す声の質や言葉の伝え方。
人は身近な声や表情により気持ちを落ち着かせている部分が、実はとても大きいのではないかと感じます。
ラジオでもTVでも、もしくは友人と話すときでも何気ない相手の声のトーンだったり、
家族の表情だったり、動物の声だったり、地域のネットワークだったり…
その声の質や表情によって、実際に自分の落ち着き度合いは複雑に変化しているのではないかと思いました。
それだけに被災地ではそのようなネットワークが途切れてしまっているわけで、
その影響が実際に出てくるのはむしろこれからで、計り知れないものがありますが…
今回のことをいつまでも忘れずに、長い目で自分なりの活動続けていきたいと思います。

ジャム (480x640).jpgブランコ (480x640).jpg
posted by Konishi at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記